2009年2月4日水曜日

佐藤文栖:「金川日記」

横浜開港150周年

 佐藤文栖(さとう・ぶんせい)って御仁を知っていますか?

 ぶらり散歩に出る。横浜・都筑区の横浜市歴史博物館(横浜市営地下鉄・センター北駅、徒歩5分)で、横浜開港150周年企画展「黒船・開国・社会騒乱~日記にみる150年前の横浜」(3月15日まで開催)を観る。
 この日記を書いたのが、幕末の頃、神奈川宿に住んでいた知識人、佐藤文栖である。寛永2年(1849年)から安政7年(万延元年、1860年)の12年間にわたり、黒船来航、国内情勢、事件、天変地異などが記されている。

 嘉永6年(1853年)、アメリカ合衆国のマシュー・C・ペリー(1794年―1858年)提督が率いる艦隊が浦賀に来航し、翌嘉永7年(安政元年、1854年)に横浜村で日米和親条約が結ばれ、固く閉ざしていた鎖国の扉がこじ開けられた。そして安政5年(1858年)に安政の五カ国条約が締結され、翌1859年に横浜は開港した。今年2009年は、横浜開港から150周年のアニバーサリーにあたる。「金川日記」(かながわにっき)を基に150年前の神奈川宿や政治・社会情勢を辿ろうという企画の展示会である。
 展示構成は、
Ⅰ「金川日記」と佐藤文栖
Ⅱ異国船来航
Ⅲ自然災害、流行病
Ⅳ外国人への視線
Ⅴ国内情勢と文栖
となっている。
 
 佐藤文栖とはどんな人だろう? 博物館での資料で紹介する――寛政5年(1793年)頃、都筑郡久保村(横浜市緑区)に生まれた。27歳で江戸に遊学し、医学や儒学を学び、帰郷後医業を営み寺子屋も開いた。寛永2年に隠居の場として神奈川宿に移り住んだ。明治を待たずに慶応3年(1867年)に没している。

 興味を引いたのは、安政年間(1854年~1860年)という凄まじい激動の元号である。よくもこれほどの出来事があった、と感嘆した。
 安政元年(1854年)に日米和親条約が締結された。元年に東海地方で、翌2年には江戸で大地震が発生した。安政東海地震はマグニチュード8.4で、江戸の地震は安政の大地震と呼ばれM6.9を記録し、神奈川宿では約200軒の家が倒壊した。
 さらに3年には大風で、神奈川宿で265軒が倒壊している。また2年にはコレラも流行した。コレラは5年にも江戸で猛威を振るっている。
 5年(1858年)には日米修好通商条約をはじめ五カ国条約が結ばれた。そして大老、井伊直弼による安政の大獄が始まり、7年3月3日、桜田門外の変が起こっている。
 まさに安政は、幕末という激動の時代の象徴的な期間であった。
 

0 件のコメント: