2017年3月29日水曜日

悪魔の証明 / 深作欣二×千葉真一「魔界転生」

*「悪魔の証明」__証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。森友学園100万円寄付の件、お金を渡してないという昭恵夫人側に物的証拠がない。刑事ドラマでも「やってない(いなかった)」というのはアリバイ成立しないからね。でもね、一度は公の場で語らないと収拾がつかないよね。
「魔界」=悪魔の住む世界。「転生」=生まれかわること。    ×    ×



★ブログ・ランキング参加中。
いいね! ひとオシ ご協力ください。

にほんブログ村

人気ブログランキング   


深作欣二監督×千葉真一主演の映画「魔界転生」1981年を観る。
原作:山田風太郎「おぼろ忍法帖」
脚本:野上龍雄、石川孝人、深作欣二
製作:角川春樹事務所、東映

出  演
・千葉真一:柳生十兵衛光厳
・沢田研二:天草四郎時貞
・佳那晃子:細川ガラシャ
・緒形拳:宮本武蔵
・室田日出男:宝蔵院胤舜
・真田広之:伊賀の霧丸
・丹波哲郎:村正
・若山富三郎:柳生但馬守宗矩
・松橋登:徳川家継
・成田三樹夫:松平伊豆守
・久保菜穂子:矢島局
・神崎愛:おつう

寛永15年(1638年)徳川幕府のキリシタン弾圧に端を発した島原の乱は、壮絶な死闘の末、鎮圧され信者は皆殺しにあった。一揆の首領天草四郎時貞はその首を晒されたが、雷鳴ともに魔界の力を借りて蘇った。時貞は、無念のうちに死んだ細川ガラシャ、宮本武蔵、宝蔵院胤舜、伊賀の霧丸を転生させ魔界衆を集い幕府転覆の謀る。

伝奇小説の映画化。歴史好きも十分愉しめる。
柳生十兵衛の千葉真一と伊賀の霧丸の真田広之のシャープな動き、柳生宗矩の若山富三郎の軽快で芸術的な殺陣に魅せられる。
細川ガラシャの佳那晃子の裸身がまぶしい。妖艶さが漂う。30年数年前、脱ぎっぷりのいい女優さんで有名でしたよね。

拙ブログ「深作欣二」関連
「柳生一族の陰謀」1978年 萬屋錦之介 千葉真一 松方弘樹 西郷輝彦 大原麗子
「仁義なき戦い 広島死闘篇」1973年 菅原文太 北大路欣也 千葉真一 梶芽衣子
「仁義なき戦い」1973年 菅原文太 松方弘樹 金子信雄 梅宮辰夫 中村英子

Amazonビデオ
2017年3月27日観映 #223
映劇の芸

2017年3月26日日曜日

忖度 / 追悼 渡瀬恒彦さん「影の軍団 服部半蔵」

*「忖度」は森友学園で「ドンタク」は博多__「忖度(そんたく)=相手の気持ちをおしはかること。「ドンタク」=オランダ語のzondag(安息日、休日)から。そして「洗濯」はおばあさんが川で……どうでもいいちゃいい話でした f^_^;)    ×    ×  



★ブログ・ランキング参加中。
いいね! ひとオシ ご協力ください。

にほんブログ村

人気ブログランキング   


訃報=渡瀬恒彦さん 72歳 俳優 映画「時代屋の女房」「セーラー服と機関銃」「影の軍団 服部半蔵」「戦国自衛隊」「仁義なき戦い」ドラマ「十津川警部」「おみやさん」2017/03/14

渡瀬恒彦主演の映画「影の軍団 服部半蔵」1980年を観る。
監督:工藤栄一
脚本:高田宏治、志村正浩、山田隆之
配給:東映

出  演
・渡瀬恒彦:下の服部半蔵
・西郷輝彦:上の服部半蔵
・森下愛子:千里(四郎兵衛の娘)
・原田エミ:小萩(下の半蔵の妹)
・緒形拳:甲賀四郎兵衛
・成田三樹夫:松平伊豆守信綱
・山村聰:保科正之
・金子信雄:水戸光圀
・藤田まこと:先代上の半蔵
・三浦洋一 / 中島ゆたか / 蟹江敬三 /

慶安4年(1651年)徳川三代将軍家光が急死し、その息である家継が後継となり、幼い家継の後見を会津藩主の保科正之が勤めることになった。老中筆頭の松平伊豆守信綱は権力維持を図り保科正之と対立を深め、その影で甲賀忍者を擁していた。
一方、伊賀の服部家は二つに分かれ、上の半蔵は正体を隠し世人に紛れ、下の半蔵は草として盗賊を生業としていた。

あの服部半蔵が二人いたという設定で描かれた娯楽時代劇。史実がどうだ、アメフトのようなバトルはなんだといわず楽に愉しみましょう。

アウトローな感じの下の半蔵を渡瀬恒彦が好演している。
「セーラー服と機関銃」1981年 相米慎二監督 赤川次郎原作 薬師丸ひろ子 渡瀬恒彦 風祭ゆき
「戦国自衛隊」1997年 斎藤光正監督 千葉真一 渡瀬恒彦 夏八木勲
「仁義なき戦い」1973年 深作欣二監督 菅原文太 松方弘樹 梅宮辰夫 渡瀬恒彦

森下愛子といえば吉田拓郎の奥さんだが、見事な肢体を見せている。当時二十代前半かな。

Amazonビデオ
2017年3月26日観映 #222
映劇の芸

2017年3月25日土曜日

孫の卒園 / 西田敏行「釣りバカ日誌2」

*孫が保育園を卒園する。生後6ヶ月から通った園となれば、短い人生の大半を過ごした場所だ。6歳の身にも思い出は多かろう。4月からはピッカピカの小学1年生。正直、ランドセルを背負う孫を見られるとは思わなかった私も感慨ひとしおだ。    ×    ×  



★ブログ・ランキング参加中。
いいね! ひとオシ ご協力ください。

にほんブログ村

人気ブログランキング   


西田敏行主演の映画「釣りバカ日誌2」1989年を観る。
・監督;栗山富夫
・原作;やまさき十三(作)北見けんいち(画)
・脚本;山田洋次、堀本卓
・配給;松竹

出  演
・西田敏行:浜崎伝助
・三國連太郎;鈴木一之助(鈴木建設社長)
・原田美枝子:間宮弥生
・石田えり;浜崎みち子(ハマちゃんの妻)
・谷啓;佐々木和男(営業三課課長)
・アパッチけん:太田八郎(ハマちゃんの隣人)
・丹阿弥谷津子:鈴木久江(一之助の妻)
・笹野高史:前原(運転手)
・戸川純:恵(営業三課)
・内藤武敏:吉田建設社長
・久米明:竹田医師
・園田裕久:草森秘書

周囲には内緒だが、ハマちゃん浜崎伝助とスーさん鈴木建設社長の鈴木一之助とは釣り仲間である。
ある日、健康不安と後継問題に悩むスーさんは釣り道具を抱えあてのない旅に出る。夫の行方を捜してほしいとスーさんの妻の久江に頼まれたハマちゃんは、愛知県渥美半島に当たりをつけ捜して出向く。すると、高級ホテルで美しい女性と一緒にいるスーさんを見つける……。

2作目ということで西田敏行と三國連太郎のコンビの呼吸もピッタシです。
「釣りバカ日誌」 1988年 栗山富夫監督 西田敏行 三國連太郎 石田えり

『便所の100ワット』ってあだ名がついた奴がいた。なぜ? 不必要な明るさ__なんだそうだ。でもね、ハマちゃんは周囲を明るく和ませる存在だ。『リビングのシャンデリア』なんですな。比喩が下手すぎ!? どうもスイマセン f^_^;)

Amazonビデオ
2017年3月24日観映 #221
映劇の芸

2017年3月21日火曜日

筒香嘉智 / 月形龍之介「水戸黄門 天下の副将軍」

*WBC侍ジャパンの不動の4番といえば筒香嘉智選手(DeNA)だ。誰かに似ている。ずっと思いを巡らしていた。やっとぶち当たった。ワハハ本舗の佐藤正宏だ。
だから? ま、どうでもいいちゃいい話だ f^_^;)    ×    ×  



★ブログ・ランキング参加中。
いいね! ひとオシ ご協力ください。

にほんブログ村

人気ブログランキング   


月形龍之介主演の映画「水戸黄門 天下の副将軍」1959年を観る。
監督:松田定次
脚本:小国英雄
配給:東映

出  演
・月形龍之介:水戸光圀
・中村錦之助:松平頼常(高松藩藩主)
・東千代之介:佐々木助三郎
・里見浩太朗:渥美格之進
・大川橋蔵:伊之吉
・大河内伝次郎:大川原伝兵衛(水戸家御用人)
・美空ひばり:鞆江(頼常の腰元)
・丘さとみ:おはる
・若山富三郎:徳川綱吉
・進藤英太郎 / 山形勲 / 加賀邦男 / 三島雅夫 / 杉狂児 /

江戸神田の丹前風呂に世情視察に出向いた水戸黄門は、大阪商人風の旦那から我が子の高松藩主頼常が狂気だという噂があると聞いた。真相を確かめるべく黄門は、助さん格さん、側用人をともに東海道を下った。

スピーディなストリー展開に、チャンバラあり、恋あり、笑いあり、歌ありと飽きさせない。戦前からの剣豪スター月形龍之介と大河内伝次郎、当時売り出しの中村錦之助と大川橋蔵、さらに美空ひばりが登場して歌う、サービス満載、東映時代劇全盛時の娯楽映画であります。

拙ブログ「月形龍之介」「大河内伝次郎」関連
「姿三四郎」1943年 黒澤明監督 藤田進 月形龍之介 大河内伝次郎 轟夕起子
「続 姿三四郎」1945年 黒澤明監督 藤田進 月形龍之介 河野秋武 轟夕起子
「血槍富士」1955年 内田吐夢監督 片岡千恵蔵 加東大介 片岡栄二郎 月形龍之介
「わが青春に悔いなし」1946年 黒澤明監督 原節子 大河内伝次郎  藤田進
「丹下左膳 百萬両の壺」1935年 山中貞雄監督 大河内伝次郎 沢村国太郎

ガキのころ観た。江戸っ子の板前風の男、大川橋蔵が料理に鼻くそを入れるシーンを妙に覚えていた(笑)。

Amazonビデオ
2017年3月21日観映 #220
映劇の芸