2014年7月31日木曜日

小津安二郎「秋刀魚の味」

*マウンドにバッキーがいて打席には桑田武__  
古いブラウン管テレビに映し出される劇中シーンがあります。
1962(昭和37)年阪神(優勝)と大洋(2位)のつばぜり合い。
野球少年にはやけに懐かしい。














小津安二郎監督の遺作となった映画「秋刀魚の味」を観る。
笠智衆 × 岩下志麻主演 / 1962年

出  演
・笠智衆:平山周吉
・岩下志麻:平山路子
・佐田啓二:平山幸一
・岡田茉莉子:平山秋子
・東野英治郎:周吉の恩師
・中村伸郎:周吉の旧友河合
・北竜二:周吉の旧友堀江
・加東大介 / 杉村春子 / 岸田今日子 / 高橋とよ

妻に先立たれた平山周吉は娘路子に身の回り世話をみてもらいながら暮らしている。路子は24歳、適齢期である。

初老の父と婚期を迎えた娘。
嫁ぐ娘と送る父親の心の機微を描く__
「晩春」「麦秋」「東京物語」と観て「秋刀魚の味」に辿り着くと、
小津作品の一貫したテーマの集大成という気がします。

この映画が公開された翌年1963年、
60歳の誕生日に亡くなっています。
誕生日と命日が一緒なんて坂本龍馬みたいだよね。

東野英治郎の演技はさすがで、
「麦秋」の杉村春子みたいに
劇中のアクセントになっていると思います。

その昔二番館で観た映画に
50余年経って再会しました。

2014年7月28日観映 #36
映劇の芸

※ランキング参加中。クリックにご協力ください。
</font></span><span style=人気ブログランキング
</font></span><span style=にほんブログ村

0 件のコメント: