2014年5月29日木曜日

石井裕也監督「ぼくたちの家族」

*妻夫木聡と池松壮亮の兄弟が好演____。

石井裕也監督の最新作「ぼくたちの家族」を観る。
主演:妻夫木聡 / 原作:早見和真





主なキャスト
・妻夫木聡:長男 若菜浩介
・原田美枝子:母 若菜玲子
・池松壮亮:次男 若菜俊平
・長塚京三:父 若菜克明

物忘れが激しくなった母の若菜玲子を、長男浩介は父に促され病院に連れて行く。検査を受けると、末期の脳腫瘍で余命1週間と医師から告げられる。突然の死の宣告に、失意にくれる長男、オロオロする父、努めて冷静に振る舞う次男。家族は大いに動揺する。

×     ×     ×  

母親の余命宣告をきっかけに
バラバラだった家族が絆を強める__
なんてストーリーはどこにでもありそうだけど、
月並みにならないのは監督の力なのでしょうね。

父親の借金問題や、
妊娠中の妻と長男の心の行き違い。
石井裕也さんが丁寧に描いていて
リアリティがあります。

家族をテーマした映画は多い。
小津安二郎さんや山田洋次さんも撮っていますが、
並みの作品と秀作の違いは、
監督の丁寧さにあると思います。
作品にかける執念とでも言うのでしょうか。

お前はナニサマだ?
どうもエラそうにすいません f^_^;)。

妻夫木聡は一家を背負わねばいけないというか、
長男の気質を好演。
池松壮亮は何事にも深刻ならず、
いかにも次男っぽく演じています。

原作の早見和真(はやみ・かずまさ)さんは実体験を基に書いたそうだ。

@109シネマズMM横浜
2014年5月29日観映 #16
映劇の芸

※ランキング参加中。クリックにご協力ください。
</font></span><span style=人気ブログランキング
※こちらもクリックお願いします。
</font></span><span style=にほんブログ村

0 件のコメント: