2013年12月30日月曜日

2013年最も視られた男 堺雅人

*タモリ 森繁 巨泉…オレたち早稲田中退組__。

堺雅人主演の「半沢直樹」(TBS系)は面白かった。
最終回視聴率42.2%(関東地区=ビデオリサーチ調査)は、
平成の民放ドラマで最高記録だってさ。
フジ系列の「リーガルハイ」も平均視聴率18%台。


2013年最も視られたられた男だった。

堺雅人って早稲田大学中退なんだよね。
早稲田中退といえばタモリを筆頭に
森繁久彌
永六輔
野坂昭如
大橋巨泉
宇津井健
小室哲哉
ラサール石井
などなど出てくる出てくる多士済々。

広末涼子や福原愛ちゃんもそうだけど、在籍しただけって感じかな。

俗に早稲田では
中退一流、
留年二流、
まともな卒業三流
なんて陰口もあるそうです ^_^)。

※ランキング参加中。クリックにご協力ください。
</font></span><span style=人気ブログランキング
※こちらもクリックお願いします。
</font></span><span style=にほんブログ村

2013年12月28日土曜日

久米宏・吉永小百合・タモリ

*小百合の下げたどんぶりを舐めたタモリ⁉︎      

久米宏の尊顔を久びさテレビで見ましたぞ。
タモリMCの「笑っていいとも」テレホンのコーナー。
2013年12月25日のこと。  

早稲田大学の話題になりました。

久米宏が東京五輪の1964年(昭和39年)
吉永小百合1965年
タモリ1966年入学の同窓生。

学食でタモリの前に吉永小百合が座った。
『邂逅』(かいこう)っていうんだよね、
こういうの、難しい言葉で。

小百合はすでに日活の看板女優で大スター。
タモリはまったく無名の一学生で、
大のサユリスト。
さぞやびっくり胸がドキドキしたことだろう。

タモリは栄養ラーメン(普通のラーメンにかき揚げが乗っているだけ)。
小百合はコーヒーにトーストだったとか。

小百合がカウンターに下げたどんぶりを舐めた__
という伝説を真顔で否定していました、タモさんが ^_^)。
でも、誰も見ていなかったら、舐めていたとも告白していましたぞ。

久米宏も小百合の通う文学部に何度か行ったが、
会えななかったと言っていました。

学生時代の昔話って盛りあがるのだよね。

久米宏1964年
吉永小百合1965年
タモリ1966年入学。

♪ ワセダ   ワセダ   ワセダ

そして拙者は1967年__
なんちゃって超有名人と並べてどうする、
不遜な態度をお詫びします ペコリ)。

※ランキング参加中。クリックにご協力ください。
</font></span><span style=人気ブログランキング
※こちらもクリックお願いします。
</font></span><span style=にほんブログ村

院展:そごう美術館

*今井珠泉「流氷幻想」__。      

  「再興第98回 院展」を横浜駅東口のそごう美術館(そごう横浜店6F)で観る。1914年(大正3年)以来続く日本画の公募展。同人作家作品32点はじめ受賞作品、神奈川県出身・在住の作家の入選作品を含む91点が展示。  
開催=2013年12月12日〜12月28日。

×     ×     ×  
 
内閣総理大臣賞の今井珠泉(しゅせん)さんの「流氷幻想」が目に止まりました。
流氷の裂け目から月が光を放っている。
上から見た構図なんですね。
今井って83歳だそうです。
観た後でご高齢だと知り、
ちょっとびっくりしました。

観たのが最終日。
年明けは岡山で開催されるそうです。

2013年12月28日観覧
美博の館#37

※ランキング参加中。クリックにご協力ください。
</font></span><span style=人気ブログランキング
※こちらもクリックお願いします。
</font></span><span style=にほんブログ村

2013年12月21日土曜日

東野圭吾「眠りの森」

*阿部ちゃんがアラサー加賀恭一郎になるの?    

  東野圭吾の「眠りの森」(講談社文庫)を読む。加賀恭一郎シリーズ第2作。2014年新春に「“新参者”加賀恭一郎『眠りの森』」が阿部寛主演でTBS系列で放送される。


高柳バレエ団の事務所で男が殺された。被疑者は若きバレリーナ斎藤葉瑠子だった。侵入した不審者と争った上での正当防衛を主張した。捜査にあたった新米刑事の加賀恭一郎は供述に疑問を抱いた。やがてさらなる事件が起こる。バレエ団の演出家 梶田康成が「眠りの森の美女」のゲネプロ中に毒殺された。  

×     ×     ×  

* 加賀恭一郎シリーズ
第1作  卒業  2010/1/16 記
第2作  眠りの森  2013/1/21記
第3作  どちらかが彼女を殺した
第4作  悪意  2009/12/1記
第5作  私が彼を殺した
第6作  嘘をもうひとつだけ  2009/12/17記
第7作  赤い指  2010/3/2 記
第8作  新参者
第9作  麒麟の翼  2012/1/24記

シリーズは加賀のキャリアを時系列に並べているようです。

大学を出て教師を経て警察官になった。
若き刑事加賀恭一郎が出逢った第2の事件だ。

美貌のバレリーナ浅岡未緒に恋心を抱く。

テレビドラマの加賀恭一郎は49歳の阿部寛。
浅岡未緒役は石原さとみ。

阿部ちゃんがアラサーになるのかな?
ドラマ化に触発されて本を読みました^_*)。

2013年12月21日読了
読書の轍#22


</font></span><span style=人気ブログランキング
※こちらもクリックお願いします。
</font></span><span style=にほんブログ村

2013年12月19日木曜日

「ゼロ・グラビティ」余聞

*サンドラ・ブロック「ザ・インターネット」

「ゼロ・グラビティ」主演のサンドラ・ブロックは、
「ザ・インターネット」という映画にも出ています。


在宅勤務のSE(コンピューター技術者)で、
ネットで作業中に偶然事件に巻き込まれるサスペンスでした。

インターネットの部署に異動となり、
パソコンなるシロモノに初めて触りました。
勉強のためDVDで観ました。

OSがWindows95の時代で、
ブラウザはネットスケープでした。
携帯電話はメールもインターネット接続もできず通話のみ。
ガラケー登場の前でした。
スマホのお目見えはずっと後になります。

1990年代後半にさしかかったころでしょうか。
インターネット黎明期__。

チャットをしたりネットで宅配ピザを注文したりする場面に、
日本でもこんな時代が近々やってくる、と確信しましたな。

本格的ネット時代を予見する映画でした。

「ゼロ・グラビティ」ではスペース・ミッションに初参加した医療技師。
サンドラ・ブロックにまたしても時代の一歩先を行く役が回ってきました。

※ランキング参加中。クリックにご協力ください。
</font></span><span style=人気ブログランキング
※こちらもクリックお願いします。
</font></span><span style=にほんブログ村

2013年12月17日火曜日

「ゼロ・グラビティ」サンドラ・ブロック

*リアリティ十分の宇宙映像、行ったこたぁないけど f^_^;)__。  

  宇宙サスペンス映画「ゼロ・グラビティ」(アルフォンソ・キュアロン監督)を観る。

* キャスト
ライアン・ストーン博士:サンドラ・ブロック
マット・コワルスキー宇宙飛行士:ジョージ・クルーニー

  地上から60万メートルに浮かぶスペースシャトル。医療技師のライアン・ストーン博士とベテラン宇宙飛行士のマット・コワルスキーは船外作業中に、宇宙ゴミがシャトルに激突する事故が起きた。シャトルは大破し、2人は漆黒の闇の中に放り出されてしまった。

×     ×     ×  

宇宙といえば直近の話題__
中国の無人月探索機「嫦娥(じょうが)3号」が月面軟着陸に成功した。

人工衛星が初めて打ち上げられたのが1957年(昭和32年)のこと。
ソ連の「スプートニク1号」。

「地球は青かった」とソ連のガガーリンが言ったのが1961年。
初の有人宇宙飛行士。

1969年にはアメリカが月面着陸に成功した。
アームストロング船長。

映画の中でもISS(国際宇宙ステーション)や
ロシアの緊急脱出用のソユーズや
中国の宇宙ステーション天空と脱出用の神舟が登場、
米露中の宇宙進出を知ることができました。

残念ながら日本は水を開けられた感じでしょうか。
ナショナリズムはそんなに強くないけど……。

それにしてもどのように撮影したのだろうか。
行ったこたぁないが、
宇宙の映像美がすばらしい。
リアリティ十分です。
こんな具合だろうと疑似体験できますぞ。

2013年12月17日観映
109シネマズMM横浜

※ランキング参加中。クリックにご協力ください。
</font></span><span style=人気ブログランキング
※こちらもクリックお願いします。
</font></span><span style=にほんブログ村

2013年12月16日月曜日

福山雅治☆冬の大感謝祭だってさ

* 嬌声が朝のしじまを破った____。  

朝一番の衝撃。
散歩の途中で出くわした。
2013年12月15日の日曜日午前10時。

みなとみらいのパシフィコ横浜にさしかかると、
時ならぬ若い女性の大集団。
その数、100人以上。
男はまるでいない。
これって異様な光景だ。

なんだろう?

そういえば、日刊スポーツで見かけたぜ。
福山雅治の10日間のライブがあるって記事。
「福山雅治☆冬の大感謝祭」だってさ。

ま、こちとらには関わりござんせん。
その場をやり過ごすと、
朝のしじまを破る嬌声____
キャーというかギャーというか。

なにごとか、
びっくりして振り返ると、
グレーだか黒だか、
車がかなりのスピードで通り過ぎた。
その車に熱視線と大声援を送っている。

あれはきっと福山!
ライブは17::00開演とか。
結構早い楽屋入りだな、
入念なリハーサルがあるのかも、
なんて感心したが、
それにしても大した人気。
福山恐るべし!

44歳の独身男がなぜモテる。
やっかみながら散歩の帰路につきました^_^)。

※ランキング参加中。クリックにご協力ください。
</font></span><span style=人気ブログランキング
※こちらもクリックお願いします。
</font></span><span style=にほんブログ村

2013年12月12日木曜日

キアヌ・リーブス「47 RONIN」

*妖しい菊地凛子:浅野なのに吉良って……      
キアヌ・リーブス主演の映画「47 RONIN」(カール・リンシュ監督)を観る。
日本人なら誰も知っている主君の仇討ち忠臣蔵に
ハリウッド流の独自の解釈を加え、CGを駆使したアクション。












★いいね!ボタン
ご協力ください。

</font></span><span style=
にほんブログ村

</font></span><span style=
人気ブログランキング


出  演
カイ:キアヌ・リーブス
大石:真田広之
ミカ;柴咲コウ
吉良:浅野忠信
ミヅキ:菊地凛子
浅野:田中泯  

  鎖国の日本は、競い合う藩主を絶対君主、将軍綱吉が治めていた。
  混血のはぐれ者カイは藩主浅野に命を助けられ、赤穂の地に暮らすようなり、浅野の娘ミカと恋仲になる。
  赤穂の領地を狙う吉良の陰謀で浅野は切腹を余儀なくされ、大石ら赤穂の侍は浪人となった。
  喪が開けた1年後、カイは浅野への恩義とミカへの愛のため、仇討ちに立ち上がった大石に助太刀する。

×     ×     ×    

菊地凛子が妖しい。
吉良の側室で妖術使いのミヅキ役。
謎のキツネ目の女。
存在感がスクリーンに漂っていました。

真田広之の大石も重厚に演じている。
主演のキアヌ・リーブスより目立ちました。

そのキアヌ・リーブスのカイは日英の混血で長崎の出島生まれ。
イギリス船乗りと日本の娘との間に出来き、
乳飲み子で捨てられ天狗に育てられたという設定でした。

赤穂の藩主のハンティングで、
龍の顔みたいな巨大イノシシもどきの怪物も登場した。
日本だか中国だか、混同しそうな衣装やセットも。
ンなことはねえだろう、と思う箇所も多々ありますが、
要するにハリウッドテイストのファンタジーですな、これは。

忠臣蔵とは似て非なるモノ。
目くじら立てずに愉しみましょう。

浅野(忠信)なのに吉良って面白い ^_^)。

2013年12月12日観映(吹替版)
109シネマズMM横浜

※ランキング参加中。クリックにご協力ください。
</font></span><span style=人気ブログランキング
※こちらもクリックお願いします。
</font></span><span style=にほんブログ村

2013年12月5日木曜日

「くじけないで」八千草薫主演

*柴田トヨさん役は檀れい、芦田愛菜の瓜実顔つながり__。

  映画「くじけないで」(深川栄洋監督)を観る。109シネマズMM横浜。

  90歳を超えてから詩作を始めた詩人の柴田トヨさんの人生とその家族のドラマを描く。柴田トヨさんを八千草薫、若い頃を檀れい、幼少時を芦田愛菜、トヨさんの息子を武田鉄矢、その妻を伊藤蘭が演じている。

* 柴田(しばた)トヨさん
1911年(明治44年)ー2013年(平成25年)。101歳で亡くなった。栃木県出身。92歳で詩を書き始め、処女詩集「くじけないで」は160万部超のベストセラーとなった。

* 深川栄洋(ふかがわ・よしひろ)
1976年(昭和51年)千葉県生まれの映画監督。「60歳のラブレター」「神様のカルテ」など。

×     ×     ×  

八千草薫が愛らしい。
1931年というから昭和一桁6年生まれの82歳。
年相応の役柄だけど、
いつまでも可愛いらしさの賞味期限切れがないのがアンビリバボー。

ガキの頃から八千草さんみたいな瓜実顔(うりざねがお)好みだった。
香川京子、芦川いづみ、吉永小百合……。
柴田トヨさんの人生を、
八千草薫、檀れい、芦田愛菜という瓜実顔つながりで配役したものいいよね ^_^)。

定職をもたず競輪好きの武田鉄矢が見せる寅さんばりのダメ亭主、
その妻でしっかり者の伊藤蘭も好演ですぞ。

亡くなった母が明治43年生まれで柴田トヨさんと同年代。
芦田愛菜ちゃんが赤ちゃんをおんぶして子守りをしているシーンがある。
母も家が貧しく尋常小学校も満足に通えず、
子守りに出されたと聞かされていた。
おふくろの苦労を思い泣けました  ;  ; )。

2013年12月5日観映

※ランキング参加中。クリックにご協力ください。
</font></span><span style=人気ブログランキング
※こちらもクリックお願いします。
</font></span><span style=にほんブログ村

2013年12月4日水曜日

結婚35周年は珊瑚婚

* お互いが  空気となって  珊瑚婚___      
12月3日が結婚記念日。
あれから35年も経ちました。

結婚記念日35年目を珊瑚婚というそうです。
まる35年で36年目。
正確には珊瑚婚ではないが、
忘れていたから許してちょうだい。
ま、概ね35年ということで……f^_^;)。

♪ 嵐も吹けば  雨も降る
    女の道よ なぜ険し
大津美子の「ここに幸あれ」の世界です。

カミさんにただただ感謝です。

炊事洗濯まるでダメ。
グータラ亭主で甲斐性なし。
子育て任せっきりの父親失格。
加えて厄介な病持ち。

こんな最悪男を見捨てず___
よくぞ辛抱しくれました。

娘2人は立派に?自立し、
カワユイ孫2人。

尽くす妻に恵まれた。
あたしゃ果報者だ。

君こそ人生最良のパートナーです。

これだけ言えば、
しばらくはぞんざいに扱われまい f^_^;)。

しがない隠居の処世術。
ヨイショ!
またヨイショ!
もひとつおまけにヨイショ!

※ランキング参加中。クリックにご協力ください。
</font></span><span style=人気ブログランキング
※こちらもクリックお願いします。
</font></span><span style=にほんブログ村

2013年12月2日月曜日

池井戸潤「下町ロケット」

*やられたらやり返す__「半沢直樹」がダブった。      
 池井戸潤の「下町ロケット」(小学館)を読む。
第145回(2011年上半期)直木賞受賞作。












★いいね!ボタン      
ご協力ください。

</font></span><span style=         
にほんブログ村            
    
</font></span><span style=             
人気ブログランキング            


  宇宙科学開発機構でロケット開発に携わっていた佃航平は、打ち上げ失敗の責任をとり職を辞して、東京・大田区にある家業の町工場を継いだ。着実に事業を拡大していたが、折からの不景気に、大手取引先の京浜マシナリーから取引停止を告げられた。さらに、ライバル会社のナカシマ工業から特許侵害で巨額の損害賠償訴訟を起こされた。業績悪化による赤字転落、最悪倒産の危機に、メインバンクの白水銀行に資金繰りを頼むが、難色を示された……。

目次
プロローグ
第一章  カウントダウン
第二章  迷走スターダスト計画
第三章  下町ドリーム
第四章  揺れる心
第五章  佃プライド
第六章  品質の砦
第七章  リフト・オフ
エピローグ  

×     ×     ×  

町工場の社長になってもロケット工学の元研究者、
佃航平が宇宙へ夢をかける姿が清々しい。
爽快感のある読後だった。

倍返しの「半沢直樹」の池井戸潤さんらしく、
「下町ロケット」でも狡猾な銀行員が登場する。
売上10億円の大型取引先を失い、
追い打ちかけるように持ち上がった90億円の損害賠償訴訟、
踏んだり蹴ったりの佃工業に銀行は冷たいのだ。
傷口に塩を塗り込むようだよね ^_^)。

読んでいると苦境に耐える佃航平が、
半沢直樹の堺雅人にダブってきた。

ナカシマ工業にも白水銀行にも、
帝国重工にも最後はきっちり倍返しするだな、佃航平は。

勧善懲悪型の筋書きに胸がスカッとする。

2013年12月1日読了
読書の轍#21

※ランキング参加中。クリックにご協力ください。
</font></span><span style=人気ブログランキング
※こちらもクリックお願いします。
</font></span><span style=にほんブログ村

2013年12月1日日曜日

失顏症:おっと誰だっけ?

失顏症(相貌失認)ではないだろうか?      

知人の顔が思い出せない病気。

同窓会に出席し、
おーいしばらくと声をかけられた。

おっと誰だっけ?  

あの白髪頭の老けたヤツは。

曖昧な態度でやり過ごし、2、3分。
なーんだお前か。  

達者でなにより、
なんちゃって、
こんな調子なんだよね、いつも。

ハリウッド俳優のブラッド・ピットが、
失顏症を告白したという話題が最近出た。
そのとき初めて知った病気だったが、
軽症ながらオレもそうだと確信したね。

5、6年会わない友でこのありさまだ。
とっさに頭が空っぽになっちまう。
困るのだよね f^_^;)。

同じ悩みの方いらっしゃいませんか?

※ランキング参加中。クリックにご協力ください。
</font></span><span style=人気ブログランキング
※こちらもクリックお願いします。
</font></span><span style=にほんブログ村

2013年11月28日木曜日

胃のポリープは良性 ^_^

* 経過観察 or 手術 さてどっち?

『鼻から胃カメラ』の検査結果が出ました。

11月14日の検査時にポリープが一つあることがわかり、
細胞を採取して然るべきところに検査を出していました。
その結果、良性でした。
一安心です ^_^)。

ポリープのサイズは比較的大きめで1.5cmほど。

手術して削除(と)る選択肢もあるそうです。
癌リスクの回避が目的ですね。

毎年『鼻から胃カメラ』検査し経過観察する手もあります。

経過観察か手術かまだ結論は自分で出していません。
お医者さんの意見を聴いての判断になります。
さてどうしたらいいものか……。

ここまで書いてなんですが、
興味のない方はスルーしてくださいな f^_^;)。

※ランキング参加中。クリックにご協力ください。
</font></span><span style=人気ブログランキング
※こちらもクリックお願いします。
</font></span><span style=にほんブログ村

2013年11月23日土曜日

相場英雄「震える牛」

*メモ魔の刑事が未解決事件をねっちこく捜査する__。        

  相場英雄の「震える牛」(小学館文庫)を読む。  

  2年前に起こった「中野駅前 居酒屋強盗殺人事件」はいまだ未解決。警視庁捜査一課継続捜査班の刑事 田川信一は、ノンキャリアの出世頭 捜査一課長の宮田次郎からその未解決事件の捜査を命じられた。殺害されたのは2人でともに面識はなかった。当時の捜査本部は金目当ての外国人犯罪と筋読みしたが、事件調書を読んだ田川に疑問が拡がった。

目次
プロローグ
第一章   継続
第二章  鑑取り
第三章  薄日
第四章  妨害
第五章  魔手
第六章  追跡
第七章  包囲
第八章  破裂
エピローグ

中年刑事の田川のキャラクターが面白い。
粘り強い捜査力に加えて大変なメモ魔。
蛇腹タイプのメモリフィルを愛用し、
聞き込んだ情報を肥後守(小刀)で削った鉛筆で書き込む。
事件の謎が核心に迫るに連れて手帳がふくらむ。
背広の胸が不自然に盛り上がるほどになるのだよね ^_^)。

そして、BSEの問題にまでたどり着く……。

最近有名ホテルや百貨店で偽装表示の問題が騒がれたが、
日本の食の問題に迫る社会性のある警察小説でした。
シロイヌ。

2013年11月23日読了
読書の轍#20

※ランキング参加中。クリックにご協力ください。
</font></span><span style=人気ブログランキング
※こちらもクリックお願いします。
</font></span><span style=にほんブログ村

2013年11月19日火曜日

鼻から胃カメラ

*苦痛の少ないやさしい検査でした ^_^    

先日胃の検査をしました。
鼻からカメラの付いた管を入れて胃の中をのぞく__
経鼻内視鏡ってえ検査です。  

経鼻内視鏡検査の手順__  
・消泡剤を飲む(胃の中の泡を除く)
     飲むカップは養命酒のカップぐらいの大きさ  
・鼻に血管収縮スプレーさらに麻酔薬注入  
・横向きに寝る
・鼻から細くて柔らかいチューブ(管)を挿入  
・食道を経て胃の中へそして観察  

これは苦痛が少ない。
所要時間10分程度でした。

20年ほど前に受けたことがある。
口から入れるヤツだった。
まいったね、これは。
喉の奥に管(内視鏡)が通ると、
オエって何度も吐きそうになった。
つらかったなぁ。  

今回は管も格段と細くなっっていました。
見た目で半分ぐらい小さくなっている。

最近吐き気が時々するので検査を受けました。
ポリープが見つかり、
その細胞を採取してさらに詳しい検査をしています。
月末に結果判明です。
ちょっとビクビクですな。

医療器具は日進月歩です。
より苦痛なく受けられる検査になってきている__
実感でした。

※ランキング参加中。クリックにご協力ください。
</font></span><span style=人気ブログランキング
※こちらもクリックお願いします。
</font></span><span style=にほんブログ村