2009年3月30日月曜日

あの名台詞:お富さん

*ガキのころ、映画や芝居の台詞を覚えるのが好きだった。覚える間もなく忘れてしまう健忘症気味の今と違い、記憶力はよかった。

 歌舞伎の「与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)」の源冶店(げんやだな)の場。切られ与三郎が、蝙蝠(こうもり)安に連れられ強請(ゆす)りに行った妾宅で見たのはかっての恋人、お富だった。
 「ご新造さんへ、お上さんへ、お富さんへ。イヤサお富、久しぶりだなぁ」と頬被りの手ぬぐいをとり、顔をみせた切られ与三郎が名台詞を吐く――。


しがねぇ恋の情けが仇(あだ) 
命の綱の切れたのを 
どう取り留めてか 
木更津から 
めぐる月日も三年(みとせ)越し 
~中略~
死んだと思ったお富たぁ 
お釈迦さまでも気がつくめぇ 
よくまぁ おぬしぁ 達者でいたなぁ 
安やい これじゃぁ一分(いちぶ)じゃぁ 
帰(けぇ)られめぇじゃねぇか
 この台詞覚えの原点は、春日八郎の「お富さん」だった。情景が浮かんでくるような作詞は山崎正、軽快な作曲は渡久地政信である。1954年(昭和29年)のヒット曲だ。
 ♪粋な黒塀 見越しの松に
  仇な姿の 洗い髪
  死んだはずだよ お富さん


×    ×  
 米国テレビドラマ「24-Twenty Fours-Redemption」をDVDで観る。

 今回はシーズン6とシーズン7の橋渡し的なエピソードとなっている。舞台はアフリカ・サンガラ。特殊部隊仲間のベントンのもとに身を寄せたジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)が、政情不安の地でクーデターに巻き込まれる。
 DVDにシーズン7の予告編があった。なんと、シーズン5で死んだはずのCTU時代の同僚トニー・アルメイダ(カルロス・バーナード)が敵役で再登場するのだ。
 まさに切られ与三郎の台詞ではないが、「よくまぁ おぬしぁ 達者でいたなぁ」といいたくなった。俄然、シーズン7が観たくなった。
2009年3月28日DVD観

0 件のコメント: