2009年1月29日木曜日

居眠り磐音「照葉ノ露」

さて家基は‥‥

 佐伯泰英の“居眠り磐音江戸双紙シリーズ第28弾「照葉ノ露」”(双葉文庫)を読む。
 シリーズ最新刊。今編は、“オムニバス形式”で、いくつかの話の連作となっている。
・ 酒乱でDVの主を事故で殺してしまった妻と剣術指南が奔走し、その13歳の嫡男と磐音が仇討ちの旅に出る。
・ 竹村武左衛門が武士を捨て、再就職する。友情厚い、用心棒仲間の磐音と品川柳次郎が陰で支える話。
・ 「でぶ軍鶏」重富利次郎が父に伴い、土佐へ旅立つ話。
・ 11代将軍の世継ぎ家基をめぐる争いから、田沼意次が放った刺客に磐音が立ちはだかる。
――などの話から構成されている。今までにない佐伯泰英の趣向か。

 次編からは家基の11代将軍を阻止しようとする田沼一派と磐音の対決が佳境になるのではないか。
 その家基は、史実では、安永8年2月24日(1779年4月10日)に夭折している。鷹狩りの帰りに立ち寄った品川の東海寺で倒れ、3日後に逝去となるが、この「居眠り磐音シリーズ」ではどのような展開となるのだろうか。

0 件のコメント: